蜂の子ってどんなもの?

蜂の子ってどんなもの?

「蜂の子」というサプリメントを目にしたことはありますか?その名の通り、蜂の子どものことです。スズメバチ、アシナガバチなどの子も「蜂の子」と言われますが、日本では主にミツバチのオスの子どもを用いています。(メスの子どもはローヤルゼリーなどを作り出すために必要です)

蜂の子は日本で昔から食べられてきました。1919年の調査によると、日本全国にわたり蜂の子を食す習慣があったとのことです。なかなかタンパク質が摂れなかった時代は、こうしたものも貴重な栄養源であったのですね。

最近の研究では蜂の子にはたくさんの栄養素が含まれていることが明らかになっています。タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルはもちろんのこと、必須アミノ酸までもが含有されており、すぐれた食品であることがわかります。長いこと食べ続けられてきたのには訳があるのですね。

現在では食事に加わることもなくなった蜂の子ですが、その効能からサプリメントとして取り入れてみる価値はあるかもしれません。女性の美肌効果も報告されていますし、耳鳴りの症状改善に役立つという研究結果も出ています。耳の聞こえにも作用すると言われており、蜂の子のサプリメントを摂取することで耳の聞こえが良くなり、抑うつ状態の改善につながるとも言われています。

なかなか食べる機会がない蜂の子、まずはサプリメントで生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。