蜂の子ってどんなもの?

耳鳴りや難聴に効果のある蜂の子とは?

生で食べると蜂蜜の味が残っていてほんのり甘く感じることがある蜂の子は、耳鳴りや難聴に効果があると言われており、栄養価が高く健康効果もあります。

蜂の子はどのようにして選ぶかをご紹介しましょう。蜂の子を選ぶときに大切な点は3つあります。それは、蜂の子がどのような環境で育ったのか、生後どのくらいのものなのか、どのくらい新鮮なものなのかということです。

まず、育成環境ですが、人工的に蜂の子を育てる場合、なるべく自然に近いような環境で育てられていることが大切です。さらに、清潔な環境であるということもポイントとなります。

蜂の子を選ぶときには、生後どのくらい経過しているものかということもチェックしましょう。栄養価が一番高いとされているのが、生後21日目の蜂の子です。そして、オスの蜂の子がさらに良いと言われています。この生後21日目のオスの蜂の子は、羽化をするために大切な成分を備えているため、栄養価がとても高いです。オスの蜂の子は、メスの1.5倍以上ものアミノ酸を含んでいます。

また、採れたての蜂の子をすぐに加工しているかどうかということも選ぶポイントの1つです。蜂の子は空気に触れてしまうとすぐに劣化してしまうため、いかに新鮮に保つことができるかが大切です。

最後に、抗生物質や残留農薬などを使わずに飼育された蜂の子かどうかを確認しましょう。蜂の子を作っている会社によっては、何百種類もの残留農薬チェックをしているところもあります。そのような会社で作られた蜂の子は安心して食べることができそうですね。