蜂の子ってどんなもの?

蜂の子と難聴

蜂の子のサプリメントが耳鳴りや難聴に効果が高いと言われています。難聴にはいくつかのタイプがあります。音が伝わらくなる「伝音性難聴」と、次に大勢で会話している騒々しい場所で音が聞き分けにくくなる「感音性難聴」、そしてこの2つの機能障害を合わせた「混合性難聴」と大きく3つに分けられます。蜂の子は難聴全体に効果があると言われこの3つの機能障害にも効果が期待されています。

オス蜂の幼虫が蜂の子として用いられます。ミツバチのコロニーは女王蜂を中心にメス蜂が98%の比率で構成されています。オス蜂は全体の約2%ほどしか存在しません。大変貴重なオス蜂はメス蜂の何倍ものローヤルゼリーやハチミツ、花粉を食べて育ちます。

そんな蜂の子には亜鉛やマグネシウム、ビタミンB群をはじめ豊富なビタミンが含まれています。また、人間の身体では生成されることのない8種の必須アミノ酸や、脂質、タンパク質などを含んだ5大栄養素といわれているアミノ酸などがバランスよく配合されています。

そして、ストレス対策として「カルシウム」や「チロシン」はストレスを緩和してくれる効果が期待されています。ストレス緩和効果の高いカルシウムやチロシンはストレス性難聴に作用します。難聴ときくと高齢者のイメージが強くありますが、最近では若年層でもストレスが原因で難聴になるケースも増加しています。

このように蜂の子を人の身体に取り込むことで難聴をはじめ数多くの疾患に有効的な作用をもたらしてくれることが明らかになっています。 世界中で愛されいる蜂の子をはじめてみませんか。