蜂の子ってどんなもの?

蜂の子が自律神経を整える効果があるのはなぜ?

蜂の子は日本でも昔から山間部では貴重なタンパク源として食されてきました。食材としても重宝されてきた一方で、耳鳴りやめまいによく効く薬として民間療法にも用いられてきました。現代では、耳鳴りやめまいといった症状の原因は自律神経のバランスの乱れからくるものであるということが分かっています。

では、なぜ蜂の子は自律神経のバランスを整える効果と耳鳴りやめまいの症状改善の効果があるのでしょうか。その秘密は蜂の子に含まれている栄養素にあります。蜂の子はたんぱく質を多く含んでいます。とりわけ、タンパク質の元となっているアミノ酸はその種類も含有量も非常に恵まれています。タンパク質以外にも炭水化物、ビタミン、ミネラル、脂質といった栄養素をバランスよく含んでいる栄養満点の滋養食材なのです。

アミノ酸のなかでも自律神経の働きを正常化に導く成分がトリプトファンというものです。自律神経の調整をし、心身の安定をつかさどる脳内ホルモンであるセロトニンはこのトリプトファンが体内で合成されるものです。

その他にも亜鉛やマグネシウムは自律神経の働きを正常化するためには不可欠な成分ですし、ストレスの軽減に有効なカルシウム、疲労回復に効果を発揮するビタミンBといった、自律神経の乱れの原因となるストレス、疲労を軽くし、負担を軽減するような栄養素がたくさんつまっているのです。まさに滋養強壮の元といっても過言ではないような、栄養食なのです。